スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

医療事故の再発防止に向けた提言第4号の公表について

2018/ 06/ 11
                 
どーも管理人です。



 不詳、私、病院では医療機器安全管理責任者を務めております。責任者の重要な業務の一つに医療機器係る安全性情報の収集と提供があります。

 6月11日付で医薬品医療機器総合機構より、「医療事故の再発防止に向けた提言第4号の公表について」を電子メール受付しました。医療事故調査・支援センターより「気管切開術後早期の気管切開チューブ逸 脱・迷入に係る死亡事例の分析」が公表されたようです。
 今回は、題名のとおり気管切開チューブに係る内容です。気管切開チューブは医療機器ですので、早速、院内の関係者に情報提供すると致します。




                 
        

マジで壊れる5個の蓋。

2018/ 06/ 09
                 
どーも管理人です。



MajiでKoiする5秒前という曲がありましたね。

さて、送信機の蓋が壊れました…。
今度はZS-630Pです。
DSCF0028.jpg 



落としたんでしょうか。
割れちゃってますね。
DSCF0027.jpg

故障コード:C03.1 C003 01 00




                 
        

血液浄化装置と人工透析管理システムが接続された。

2018/ 06/ 08
                 
どーも管理人です。



当院ではCBP等に血液浄化装置TR-55XⅡ(東レ・メディカル)を使用しています。いろいろ紆余曲折がありましたが、これを当院で使用している人工透析管理システムMiracleDIMCS UXと接続することができるようになりました。
(まだ使用する機会がないので詳細は後ほど…。)
                 
        

今月は輸液ポンプの定期点検です。

2018/ 06/ 05
                 
どーも管理人です。


当院では、6月は輸液ポンプの定期点検時期になります。
なので毎日、数台ずつ進めていかないと終わりません。
最も時間がかかるのはバッテリリフレッシュですので、合間に様々な点検項目を同時並行的に行います。



こちらは電池電圧警報のテスト中です。
メーカのメンテナンス講習会を受講して、DC定格電源装置と専用ハーネスを最近導入したため、今回の定期点検から実施できるようになりました。
DSCF3120.jpg 



ちゃんと電池電圧警報がでました。このまましばらく放っておくとシャットダウン警報が出ます。
DSCF3123.jpg



                 
        

電源プラグが曲がる。

2018/ 06/ 04
                 
どーも管理人です。



今日の修理はこちら。
日本光電のベッドサイドモニタBSM-1764です。
DSCF3119.jpg




電源プラグが曲がってしましました。
発生状況は不明ですが、ベッドとかが当たったんでしょうかね。
DSCF3118.jpg
コンセント内にプラグが遺残しなかったのは不幸中の幸い…。
とはいうものの電源コンセントの方も損傷している可能性があるので、
そちらも開けてみることにします。

修理コード:E01.01 E00101 00





                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。