完成~。

2017/ 09/ 10
                 
どーも管理人です。



では、完成です。
DSCF9151.jpg



ツマミを取付けました。
DSCF9153.jpg



今回は、背板部分と外枠の側面を組合わせで作りましたので、
いつものL字短冊を貼り付けていません。
DSCF9152.jpg

カルトナージュを参考にいろいろ思いつきました。
次回も新たな工法で作ってみます。


                 
        

引出しを入れてみる。

2017/ 09/ 08
                 
どーも管理人です。



さて、引き出し部分はこちらに既に作ってあります。
DSCF9147.jpg



サイズは60×60×193mmです。
大した物は入りません。
DSCF9148.jpg



引出しを入れてみましたが、寸法がタイトでした…。
DSCF9149.jpg
把手がないので奥まで入れると抜けなくなりそう。




ちなみに正方形なので、横置きでも使用可能。
DSCF9150.jpg

後は外枠の仕上げで完成です~。


                 
        

新しい方法を試してみる。

2017/ 09/ 07
                 
どーも管理人です。



今日はまた新しい方法で箱を作ります。
いつもなら外枠はフラットなダンボール板を使いますが、
外枠に溝を切ってみました。
DSCF9139.jpg
薄皮一枚でつながっているので
こんな感じで撓んでしまいますが、まあ仕方ありません。
(背板を入れるとしっかりします。)



そして、中仕切りはいつもの方法で。
DSCF9140.jpg



溝に沿って入れれば完成です。
この方法ですと手の入らない小さな箱はかなり有効。
DSCF9141.jpg

(続く)


                 
        

やっとできた。

2017/ 09/ 06
                 
どーも管理人です。


以前より製作を進めていましたこちらの箱。
DSCF9113.jpg



えらい時間がかかりましたが、完成です。
DSCF9145.jpg


数が揃うと壮観ですね。
DSCF9146.jpg



                 
        

何気ない箱にも工夫がある。

2017/ 06/ 20
                 
どーも管理人です。



外来案内チラシのスタンドです。
このチラシが曲がってしまって汚らしい。
…ってことで箱を作りました。
DSCF9112.jpg
形状は複雑ですが、
直線で構成されているので箱化はできます。



ポイントは2つ。
なるべくチラシを前側に倒すことで折曲がりを防ぐ。
もう一つは、折曲がっても見えないようにしていることです。
DSCF9113.jpg